脱毛、その展望を探る

img_01

美容外科というと二重や鼻を高くする、しわ、しみ治療、脂肪吸引や豊胸、脱毛といった主に女性向けの美容のみといったイメージを持っている人は沢山いるのである。
最近では男性もレーザー脱毛やしわ、しみといった治療のために通っている人はいるが、それでも美容外科というと女性主体といったイメージがまだまだ先行しているのである。


しかし美容外科では顔や体だけではなく、植毛といった髪の悩みにも実は対応しているのである。

髪の悩みというと、髪専門のクリニックやウィッグの会社、ヘッドスパ等を行っているエステサロンが中心と思われがちであるが、美容外科でも髪の悩みに対応しているのである。

美容外科で行われているのは植毛である、美容外科での植毛はエクスパンダーを使用しエクスパンダーを2~3カ所に入れ、皮膚をずらして行う様にする方法である。数カ所こぶがある様に見えてしまうのが難点と言われているが、それでもかなり自然な毛流れを作る事ができるのである。またフラップ植毛という方法もあり、こちらは後頭部や耳のあたりの皮膚を長方形に切りとり、ねじって必要な部分に移動させる方法である。


皮膚の血流を保ったまま移動するためより多くの毛が必要な部分に移動することになるのである。しかしそのため毛流れが不自然になってしまうことがあり、毎日のブローで毛流れを自分で付けてあげなければならないといった難点もあるのである。またこれらの植毛方法は額に近くなれば成る程、毛の生え際に傷が残ることになるため、その傷の前にさらに毛一本一本を植毛してカモフラージュしなければならないのである、そのために美容外科での植毛は金額的にはかなり高額になり、また時間もかなりかかるのである。

医療脱毛のサイトの利用が更に広がるものと考えられます。

しかしながらかつらをかぶるのとは全く異なり、ほとんどの場合植毛とわからない程に自然な頭髪になるのである。


よって金銭的、時間的に余裕のある人には非常におすすめの方法である、忙しくても遅くまで開院している美容外科もあるので色々探して見るのがよい。